タイヤ専門店の元店長がおススメする、後悔しないタイヤ選びとカーライフサポート

お車のタイヤ交換の事からお車のメンテナンス、たまにはドライブ情報など、タイヤを中心としたカーライフをサポートします。

DIY 車メンテナンス 車豆知識

ヘッドライトスチーマーを実際使って、黄ばみを除去してみた

投稿日:

皆さんこんにちは。

前回は、ヘッドライトの黄ばみ除去はこれで決まり【本気の人だけ】のページでヘッドライトクリーナーについて紹介させていただきました。

その中で、今回私が購入し実際に施工した

(↑楽天のページに飛びます。)

avatar

店長

こちらの商品の実践編です。


スポンサーリンク

施工に入る前に

まずは、実際に作業に移る前に準備です。

部品がそろっているかを確認してください。

説明書が付属されているので、それを見ながら確認いただけたらと思います。

ヘッドライトを磨くと、研磨された汚れた液体が沢山車体を流れ落ちていきます。

それが気になる方は、ビニール等でヘッドライトの周りを覆うようにしてください。
(私はそのまま施工で、施工後綺麗に洗い流しました。)

そして、次の工程でヘッドライトを磨くのですが、その際ボディ部分を傷つけないように、ヘッドライト付近をマスキングテープで養生します。

次に、ヘッドライトとその周りを水洗いしておきましょう。

万が一砂や汚れがついていると、磨いた時にヘッドライトに傷が付く可能性があります。

下準備

今回の施工に関しては、すべてこの下準備で決まると言っても過言ではありません。

この下準備をどれだけ丁寧にするかで、出来上がりが決まってきます。

付属されている、海外の耐水ペーパーで問題ありませんが、心配ならオプションのペーパーを購入いただくか、ご自身で用意されてもよいかと思います。

ちなみに私は、簡易的なポリッシャー(車体を磨く物)を持っていたので、それにつけて磨こうと丸形の耐水ペーパーを別で購入していましたが、
愛車のヘッドライトには、あまりにも使いにくかったので、丸い耐水ペーパーを使って手作業で施工しました。

まずは目の粗い耐水ペーパーを使って、ヘッドライトを磨いていきます。

黄ばみがある人は #360(数字が小さいほど目が粗いです)

以下のペーパーから始めたらよいかと思います。

十分に水に濡らして、磨く方がよいですね!

初めてこの作業をする人にとっては、本当に大丈夫なの??

ってぐらいヘッドライトが傷だらけになります。

私も、はじめは超ビビッてました。

しかもどんどん黄色く汚れた液体が流れていきます。

それでもどんどん磨いていって下さい。

#360で十分磨けたと思えたら、

#600→#800→#1200と細かいペーパーに変えてどんどん磨いていきます。

ペーパーの変更するタイミングは、磨いて汚れた液体があまり汚くなくなってきたらって感じです。

私は、最終的に#2000の細かいペーパーまで磨きました。

スポンサーリンク

付属品には、#1200までしかないので、そこまででも十分だと思いますが、

細かいペーパーで仕上げた方が、より綺麗な仕上がりになります。

磨き終わった写真がこちら

十分磨けたち思ったら、中性洗剤で綺麗に洗い流しましょう。

そうすると、真っ白なヘッドライトが出来上がります。

この時に、マスキングテープを取りたくなると思いますが、溶剤が付くのを防ぐために最後まで取らないようにしましょう。

と言いながら、私はマスキングテープがボロボロになっていたので、

洗い流すときに一旦マスキングテープも剥がしてしまい、再度新しいものを張り直しました。

しっかり乾燥させてください。

水分があるとよくないみたいです。

スチーマーを使ってスチームする。

ここからは最後の仕上げです。

ここまで来たら、あとは感動が待っているだけですよ!!

ここまでは、ペーパーで磨いただけなので、特に緊張する場面ではなかったと思いますが、

ここからは慎重にいきましょう。

まずは、液剤を取り出す前に、マスク&手袋を着用します。

私は気休めですが、不織布マスクを2重で、ゴム手袋の上に軍手でいきました。

説明書にあるように作業を進めていきます。

使用する液剤が多くても液だれを起こしますし、
少なくても十分にスチームできないので、適正な液剤の量で作業しましょう。

液剤をカップに移したら、電源を入れてスチームが出るを待ちます。

あまり覗き込んだりせず、待ちましょう。

スチームが出てきたら、その湯気をさっき磨いたヘッドライトに当てるだけです。

私の愛車は、平面的な形状ではなかったので、エルボーノズル(チューブ型)を使用しました。

最近の車はその方が施工しやすいかもしれません。

早くしたくてあまり近づけすぎると、液体が直接ヘッドライトにあたり綺麗に仕上がりません。

ただ、このエルボーノズルは、液剤が飛び散りやすいので注意が必要です。

私も、少し液剤が垂れて失敗しました。

少しだけだったので、あまり目立たなかったのでそのままにしています。

次回修正ですね。

施工後、24時間は触らない方が良いみたいです。

24時間経って、触ってみたら表面がつるつるではなかったので、私は別でコーティング剤を塗っておきました。

これはどちらでもよいと思います。

後片付け

施工が終わったら、片付けです。

液剤がポットの中で余ると思うので、冷やして再利用しましょう。

※決してそのまま下水に流したりないようにしてくださいね。

1本のリキッドで、5回~10回は使えるようです。

なかなか愛車1台で使い切るには時間がかかりすぎると思うので、知り合いの車も試してあげてもいいかもしれませんね。

施工前後の変化

今回は、以前から気になっていたヘッドライトスチーマーを実際使ってみました。

施工前はこんな感じでした。

先にマスキングテープを張ってしまったのので分かりにくいかもしれませんが、黄ばんでます。

そして、施工後の写真がこちら

写真ではわかりにくいかもしれませんが、かなりクリアになりました。

賛否両論ある商品にはなりますので、あくまでの自己責任でお願いします。

施工したばかりなので、どれぐらいもつものなのかはわかりません。

ただ、新品のヘッドライトでも、使用条件によれば2年ぐらいでくすんでくる場合があります。

それよりは短く、もって1年~2年かなと私は思っています。

また、経過観察をして記事にアップしますね。

avatar

店長

本日も最後まで読んでいただきありがとうございます。

スポンサーリンク

-DIY, 車メンテナンス, 車豆知識

Copyright© タイヤ専門店の元店長がおススメする、後悔しないタイヤ選びとカーライフサポート , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.