タイヤ専門店の元店長がおススメする、後悔しないタイヤ選びとカーライフサポート

お車のタイヤ交換の事からお車のメンテナンス、たまにはドライブ情報など、タイヤを中心としたカーライフをサポートします。

タイヤ管理 タイヤ豆知識 パンク関連

車のタイヤがパンク!まさかいたずら?特徴と見分け方とは?

投稿日:

自動車のタイヤがパンクしたとき、誰もその事実を受け入れにくいもの!
まさか、誰かにいたずらされた?!
そんなことも思ってしまうかもしれません。
防犯カメラ等の普及で、数は減っていると思いますが、残念ながら、未だにタイヤをパンクさせるいたずらが無くなりません。
ただのパンクなのか、いたずらによるパンクなのか気になるその違いを紹介します。

スポンサーリンク

avatar

研修生

店長~?!
今でもタイヤをパンクさせるいたずらってあるんですか?

avatar

店長

そうだね~!
前よりは少なくなったと思うんだけど、まだ無くならないねぇ!
どうして?

avatar

研修生

いやぁ~!!
前に僕の車のタイヤがパンクしたじゃないですか?
あれってもしかしたらいたずらだったんじゃないかなーっと思って!
だってタイヤのサイドに近い角の部分にネジが刺さっていたんですよ。
あんな刺さり方するかなぁ?

avatar

店長

久留間くんが前にパンクしたのは、たぶんいたずらじゃなないね。
あれは走行中に踏んでしまった通常のパンクだよ。
ただ、刺さった位置が悪かっただけだね。

avatar

研修生

それならいいんですが、いたずらだったらいやだなーと思いまして。
いたずらされたパンクってどんな感じなんですか?

avatar

店長

そうだねぇ~!
一番多いのは、タイヤのサイド部分に小さな穴をあけられるパンクかな。

avatar

研修生

タイヤの横の部分ってそんなに簡単に穴が開くんですか?

avatar

店長

タイヤは頑丈にできているんだけど、タイヤの横の部分は乗り心地を確保するためにゴムが薄いんだよ。
ワイヤーも重量を支える縦向きのものしかないので、意外と簡単に穴が通ってしまうんだよ。
しかも最近のタイヤはエコを重視したものが多いので、よりサイド部分が薄くなっているんだよね。

avatar

研修生

そんなにタイヤのサイド部分って弱かったんですね。

avatar

店長

そうじゃないと、硬くて乗り心地が悪すぎて快適に車に乗れないからねぇ~!!

avatar

研修生

いたずらってサイド部分を狙ったものが多いんですか?

avatar

店長

僕が見てきた中では、殆どがサイド部分をに穴をあけられてるパンクだったかな。
僕たちが見たらいたずらかどうかってだいたいわかるんだけど、これをお客さんに伝えるのが難しくてねぇ~!
自分の車がいたずらされてるってわかったら嫌な気になるじゃん?
でも、いたずらじゃないって言うと再発防止ができないので、そのニュアンスが困るんだよ。

avatar

研修生

そんなことも考えながら伝えないといけないんですね。
僕なら、すぐにいたずらだって言ってしまいます。

スポンサーリンク

avatar

店長

はっきり言ってあげるのも優しさかもしれないね。
でも現場を見たわけじゃないし100%の事は言えないから、断定しちゃうのはまずいかもね。

avatar

研修生

そうですね。
いらずらですって言って、実はそうじゃなかったらその人にも気が悪いですもんね。

avatar

店長

いたずらのパンクには、特徴があるので少し紹介するね。

タイヤをパンクさせるいたずらとは?

未だになくならないパンクのいたずら。
そのいたずらをする理由は分かりませんが、ほんと迷惑なはなしです。
いたずらには、自分の車だけがされる場合と、数台まとめてされる場合があります。
駐車場の車が全部パンクさせられたなんてニュースをたまにテレビで見たりしますよね。

これはれっきとした犯罪なのです。
なので、警察が犯人を頑張って捕まえようと動いてくれます。

ただ、1台だけパンクさせられた場合は、殆どニュースにもならず被害者がタイヤを交換して終わっているケースが殆どなのです。
警察に言ってもたいして捜査してくれません。

できるだけいたずらされるのを防ぐには、できるだけ人の邪魔になる所には車を停めないという事です。
いたずらされるケースで、一番多いのはちょっと止めていた時にやられた。
路上駐車している時にやられたなんてことが多いようです。

車が邪魔だし腹立つからいたずらしちゃえ!ってなものでしょう。

そうならないためにも、邪魔なところに車を停めないように心掛けましょう。

自分の駐車場でいたずらされた場合は、意外と近所の人って事も多いので注意しましょうね。
その場合は、警察に通報する方が良いと思います。
いたずらする方も、軽い気持ちでしているのでしょうから、警察が動くと焦ってしまうでしょう。

パンクした時にいたずらか見極めるには?

いたずらのパンクは、そのほとんどがタイヤのサイド部分に穴をあけるというものです。
アイスピックのような細い針状のものなら意外と簡単に刺さります。
しかも、サイド部分に穴をあけたぐらいじゃ破裂もしなけりゃ音も出ません。
小さい穴なら、すぐに空気はなくならず、徐々に減っていくでしょう。

タイヤのサイド部分は、パンク修理ができません。
修理剤を打ち込めないのです。
それを知ってか知らずかタイヤのサイド部分を狙うんですね。

逆に、タイヤの走行面(トレッド面)へのパンクは殆どありません。
走行面は、とっても頑丈にできていて簡単に穴は開きません。
走行中に車の重量が掛かれば、パンクしてしまいますが人の力で簡単にパンクさせる事は難しでしょう。
しかも走行面のパンクは、修理が可能なことが多いです。
いたずらする方も、被害が大きい方が相手が困って嬉しいはず。
なので、いたずらパンクの殆どがタイヤのサイド部分なのです。

パンクを見てもらうお店の人が、いたずらと断定するか微妙に濁して言ってきた場合は、ほぼ間違いなくいたずらでしょう。

パンクしたとき、『なんで?!』ってなると思います。
走行中のバンクなら仕方ありません。
でも、いたずらには合いたくないもの。
いたずらされるにも原因がある場合があるので、できるだけいたずらされないように心掛けましょう。

最後に、タイヤをパンクさせるいたずらはれっきとした犯罪です。
見つかれば逮捕されます。
そんな無駄なことはやめましょう!

スポンサーリンク

-タイヤ管理, タイヤ豆知識, パンク関連

Copyright© タイヤ専門店の元店長がおススメする、後悔しないタイヤ選びとカーライフサポート , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。