タイヤ専門店の元店長がおススメする、後悔しないタイヤ選びとカーライフサポート

お車のタイヤ交換の事からお車のメンテナンス、たまにはドライブ情報など、タイヤを中心としたカーライフをサポートします。

インチダウン スタッドレスタイヤ関連 タイヤ交換 タイヤ屋さん事情

スタッドレスは、小さくした方がお得?インチダウンのメリットデメリットとは。

更新日:

これからスタッドレスタイヤの購入を考えている方は、多いのではないでしょうか??

初めて今の車でスタッドレスタイヤを買う方は、ホイールとセットで、

今持っているスタッドレスタイヤを買い替える方は、タイヤのみを交換しますね。

今回は、今の車で初めてスタッドレスタイヤの購入を考えている方に、タイヤのインチダウンに付いてのメリットどデメリットをお伝えしようと思います。

スポンサーリンク

avatar

店長

久留間くん、タイヤ&ホイールのインチダウンって知ってるかい??

avatar

研修生

インチダウンですか?
もちろん知ってますよ!
インチアップの逆ですよね??

avatar

店長

あれ??
本当にわかってる?
まぁそうだね、インチアップの逆だね。
タイヤの外径は変えずに、ホイールを小さくしてタイヤの厚みを太くするってことだね。
スタッドレスタイヤを買う時に、インチダウンをしている人が意外と多いんだよ。

avatar

研修生

そーなんですか??
意外でした。
インチダウンした方が安くなるんですかね??

avatar

店長

その通り!
一番のメリットは価格が安い!ってことだね。
スタッドレスタイヤは、結構高額になってしまうので、少しでも安くしたいもの。
そこで、登場するのがインチダウンなんだね!
スタッドレスタイヤは、一般的にホイールとセットで買うよね?
その場合は、ホイールのサイズを変えれるので、インチダウンできる場合があるんだ!

avatar

研修生

タイヤだけでは、サイズは変えられないですもんね。
インチダウンって、価格は安くなるけど、ほかにデメリットってないんですか??

avatar

店長

メリットもあればデメリットも存在するよ。
後は、インチダウンしたくてもできない車もあるんだね。

avatar

研修生

デメリットってなんですか??

avatar

店長

それじゃ、今日はインチダウンに付いて勉強しょう。

インチダウンとは?

タイヤ&ホイールのインチダウンって聞いた事あしますか?
先ほど、久留間くんも言ってましたが、インチアップの逆ですね。

インチアップに付いて詳しくは
『タイヤ・ホイールのインチアップ、車検に通る正しい方法とは?』
こちらの記事を参考にしてください。

インチアップが、ホイールの大きさを大きくしたのに対して、インチダウンはホイールの大きさを小さくすることなのですね。

画像はインチアップを紹介していますが、この逆がインチダウンです。

夏用タイヤでは、あまりインチダウンをする人はいませんが、スタッドレスタイヤの場合は、インチダウンで購入する方が結構多いんです。

なぜかと言うと、

スタッドレスタイヤは、別に見た目に拘らず安全に走れればいいって方だ多いのですね。
冬の道は、凍結防止剤がまいてあるので、ホイールが傷みやすく、スタイリッシュなホイールはいらない。
価格も安くなりますし、どの道ホイールごと購入するならインチダウンして少しでも安くしようと誰でも思うと思います。

私もそうするでしょう。
というか、実際にスタッドレスタイヤはインチダウンしています。

インチダウンには、メリットとデメリットがあるので、そこを理解できていたらインチダウンはなんの問題もありません。

インチダウンができる場合とできない場合。

インチダウは、どの車もできるわけではありません。

一番わかりやすい判断材料は、同じ車種で自分の車のホイールより小さいホイールが入っているグレードがある。

車種が変われば、話は変わってきますが、同じ車種で小さいタイヤが付いているタイプがあれば確実にそのインチにまではダウンする事が出来ます。

例)
トヨタヴォクシーの5ナンバータイプは
195/65R15 この場合ホイールは15インチ。

3ナンバータイプは、
205/60R16 もしくは
205/55R16 この場合ホイールは16インチ。

エアロタイプのヴェルファイアは
325/50R18 この場合ホイールは18インチ。

通常タイプのヴェルファイアは
215/65R16 この場合ホイールは16インチ。

スポンサーリンク

タントカスタムは
165/55R15 この場合ホイールは15インチ。

タントは
145/80R13 もしくは
155/65R14 この場合ホイールは13インチと14インチ。

このように、グレードや仕様によってホイールが大きくなっている場合は小さい方のサイズまではインチダウンできる事になります。

※エンジンが違ったりスポーツグレードの場合は、インチダウンができない場合があります。

逆にインチダウンできない場合は、
ブレーキとホイールのクリアランスがない場合です。

写真のようにホイールの中には、ブレーキユニットがあります。
インチダウンによってホイールを小さくすると言う事は、ブレーキユニットとホイールが近くなるという事です。
この両者が当たってしまうと車は動きません。

なので、ご自身の車のホイールとブレーキのクリアランスが少ない場合は、インチダウンは不可という事になります。

インチダウンができるかわからに場合は、ディーラーよりカー用品店かタイヤ専門店に聞いてみてください。

※カーディラーは、純正以外のデータをあまり知らないケースが多いのと、純正サイズ以外は入れたがない傾向にあります。

インチダウンのメリットとは。

なんといっても価格です。

インチダウンした方が、数万円安くなるって場合も珍しくありません。
タイヤもホイールも、インチが小さい方が安くなるんですね。

選べるタイヤが増える。

大きなタイヤは、数が限られていたり、種類が少なかったりします。
シーズンで作るタイヤ本数も大きなタイヤほど少なくなるので、時期が遅くなると無くなってしまう事もあります。

軽くなる。

スタッドレスと夏タイヤの交換を自分でする人も、お店に依頼する人もタイヤを運ばなくてはいけません。
タイヤとホイールが小さくなっているので、重量は軽くなっています。

乗り心地がよくなる。

これは、良いと思う人と思わない人がいますが、タイヤが分厚くなるという事は、地面の衝撃を吸収するタイヤのたわみが大きくなるので、乗り心地は軟らかくなります。
これを良いと思うのか、軟らかすぎて乗りにくいと感じるかは、車とサイズとタイヤの種類によっても違ってきます。

インチダウンのデメリットとは。

タイヤが細くなる。

基本的にインチダウンした時の互換サイズと言われるものは、タイヤの幅が細くなります。
細くなれば、車の安定性でいえば悪くなります。
大げさに言うと、ふらつきやすくなります。

ブレーキの効きが悪くなる。

ただでさえ夏タイヤよりスタッドレスタイヤの方がブレーキング能力が低いのですが、タイヤが細くなりタイヤが分厚くなるのでブレーキの能力が下がってしまいます。
自動ブレーキが付いている車は特に注意ですね。

※同じサイズでもスタッドレスタイヤでは、自動ブレーキは対応できないと車の取扱説明書には書かれています。

空気圧を変更しないといけない場合がある。

タイヤのサイズが変われば、重さに耐えられる能力が落ちる可能性があります。
その場合は、空気圧を通常より高く設定しないといけません。
購入したお店の店員さんが計算して空気圧を教えてくれたら問題ありませんが、わからない場合は自分で調べる必要があります。
空気圧不足は、タイヤにダメージを与えてしまいますからね。

見た目があまり良くない。

これは、個人的な意見です。

このように走行面では、デメリットもあります。

インチダウンをすると安定が悪くなって、ブレーキの効きも悪くなるとありますが、夏タイヤと同じサイズでスタッドレスタイヤを履いたとしてもこの症状は起きます。
元々スタッドレスタイヤを履いている時は、夏タイヤを履いている時に比べて慎重に運転する必要があります。

そう考えると、インチダウンしてさらに慎重に運転しても同じかも知れませんね。
同じ種類のタイヤなら、サイズが少し違っても殆ど性能差はありません。
(実際には変わりますが、体感できるほどではないのです)

走行性能や、少しでも不安がある場合は夏タイヤと同じサイズにした方が無難です。

タイヤ屋さんは、あまりインチダウンをしたがらない

これば事実です。
理由は単純です。
大きなタイヤの方が儲かるからです。

同じ4本、同じ作業、同じ時間なら金額の高い物を売りたいですよね?

上記のようなデメリットも実際にあるのでそれが全てではありませんが、一番の理由は商売だからです。

初めは、デメリットを伝えて同じサイズで話をするでしょう。
価格を理由に諦めかけたら、インチダウンの提案をしてきます。

結局は、自分のお店で買ってほしいのですね。

まとめ。

スタッドレスタイヤのインチダウンは、コスト的にとても魅力的です。
ただ、少しでも走行に不安があったり、見た目を気にするなら純正と同じサイズで購入することをお勧めします。
タイヤサイズは、その車の合わせて設定されています。
デメリットを理解できていたら問題ありませんが、理解できていないと思わぬ事故につながるので、注意してくださいね。

本日も最後まで読んでいただきありがとうございます。

スポンサーリンク

-インチダウン, スタッドレスタイヤ関連, タイヤ交換, タイヤ屋さん事情

Copyright© タイヤ専門店の元店長がおススメする、後悔しないタイヤ選びとカーライフサポート , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。