タイヤ専門店の元店長がおススメする、後悔しないタイヤ選びとカーライフサポート

お車のタイヤ交換の事からお車のメンテナンス、たまにはドライブ情報など、タイヤを中心としたカーライフをサポートします。

スタッドレスタイヤ関連 タイヤ交換 タイヤ比較

【比較】ブリヂストンとヨコハマのスタッドレスはどっちがオススメ?

投稿日:

最近は、朝晩もだいぶ冷えるようになって、随分過ごしやすい季節になってきました。
そうこうしているうちに本格的な冬がやってきます。

そう!スタッドレスタイヤの季節ですね。

日本のメーカーのスタッドレスタイヤでよく比較されるのが、ブリヂストンとヨコハマではないでしょうか。

私も、現役時代は良くこの2社のスタッドレスについて聞かれたもんです。
それだけこの2社の、スタッドレスタイヤの認知度は高いということなのでしょうか。

本日は、ブリヂストンのスタッドレスタイヤ、ブリザックVRX2と

ヨコハマのスタッドレスタイヤ、アイスガード6を比較してみたいと思います。

スポンサーリンク

avatar

店長

久留間くん、そろそろスタッドレスタイヤの季節になってきたね。
今年は、新しいスタッドレスタイヤを買うの?

avatar

研修生

それが、今悩んでいるところなんです。
昨年使っていたスタッドレスタイヤはまだ溝もギリギリ残っていて今年5年目のタイヤなので、まだ今年いっぱいは使えると思うんですが、正月と2月に旅行に行くのでその時にしっかり走ってくれるか不安で。

avatar

店長

スタッドレスタイヤは、溝が減っても滑りやすくなるし、年数が経って古くなってきたらそれも滑りやすくなってしまうからね。
履き換えた時は大丈夫でも、いざ必要になった時に滑りやすくなってたら意味ないもんね。

avatar

研修生

そうなんです。
正月は、スタッドレスタイヤに履き替えて1カ月ぐらいなんでたぶん大丈夫だと思うんですが、2月にも北の方に遠出をする予定があるので、そっちはもう交換しないといけないぐらい減っていそうで怖いんですよね。

avatar

店長

2月かぁ~!
スタッドレスタイヤに交換して、3カ月はあるからタイヤの状況は変わっているかもね。
僕は、安全のために交換した方がいいと思うけどな。

avatar

研修生

そ~ですよねぇ~!
僕も、もしもの時に滑っちゃたら意味ないので、買い替えたいとも思っているんですよね。

avatar

店長

その方がいいって!絶対!

avatar

研修生

なんか、押し売りしてません??

avatar

店長

してない!!
僕は君のためを思って言ってるんだよ!

avatar

研修生

それならいいんですがね。

avatar

店長

それで、どこのメーカーのスタッドレスタイヤを買おうと思ってるんだい??

avatar

研修生

今悩んでいるのが、ブリヂストンかヨコハマです。
どっちもいいって評判ですし、こっちって決めずらいんですよね。
店長は、どっちがいいと思います??

avatar

店長

少し前なら、2つ返事でブリヂストン!
と、答えたかもしれないけど、今なら少し迷ってしまうかな。
それだけヨコハマのスタッドレスタイヤは、性能が良くなってきているんだよね。

avatar

研修生

そうなんです!
どっちも捨てがたいんですよね。
両方のメーカーから、昨年新しいスタッドレスタイヤが発売されているし。

avatar

店長

そー言えば、両メーカーのスタッドレスタイヤを乗り比べた友人がいたよ。
同一車種で、タイヤだけ違う銘柄で乗り比べるというもので業界の人だけ体験できる試乗会があるんだ。
僕も、前のタイヤで乗り比べた事あったけど、とってもわかりやすかったよ!

avatar

研修生

それ、いいですね。
普段では、タイヤの乗り比べなんてできませんものね!
それで、その友人の方はどっちがいいって言ってました??

avatar

店長

それじゃ、その辺を製品比較と一緒にまとめてみるね。

ブリヂストンのスタッドレスタイヤとは。

ブリヂストンと聞いて、知らないって方は殆どいないのではないでしょうか?
そう、タイヤのメーカーとしては、全国でたぶん一番有名なメーカーではないでしょうか。

そのブリヂストンのスタッドレスタイヤのは、BLIZZAK(ブリザック)というブランド名で発売されています。
これも、とっても有名ですね。
現在の最新型は、ブリザックVRX2です。

冬になるとテレビCMでも毎年見ない時はないってぐらい、スタッドレスタイヤには力を入れているメーカーですね。

ブリヂストンのブリザックの特徴は、何と言っても発泡ゴムです!
発泡ゴムとは(現在はアクティブ発泡ゴム2)氷上性能に優れたゴムでブリヂストンが30年前に開発したゴムです。

スポンサーリンク

それが、モデルが変わるごとに進化して、性能が上がっていっていると言う事なのです。

発泡ゴムは、もともとブリヂストンが特許を持っていたので、他のメーカーはマネすることができず、結果スタッドレスタイヤの中ではブリヂストンが一番性能が良いという方が続出したのです。

現在では、この特許も期限が切れて、他のメーカーも名前を変えて販売されています。

でも、30年培った技術なので、他のメーカーがすぐにまねできるものでもないんですね。

ただ、他のメーカーと比べたら、ブリヂストンのタイヤは価格が割高のなっていることが多いですね。

詳しい商品の特徴については、こちらの『ブリヂストンのホームページ』をご覧ください。

ヨコハマのスタッドレスタイヤとは。

ヨコハマのスタッドレスタイヤと言えば、アイスガードです。
現在は『アイスガード6』が最新作で、特徴としてはゴムが吸水ゴムを使っているという事です。

先代のアイスガード5プラスからこの吸水ゴムが採用されて現在はプレミアム吸水ゴムというゴムを使っています。

この吸水ゴムと言うのが、構造的に言えばブリザックの発泡ゴムと同じなのです。

ヨコハマも水膜を吸い取るゴムを開発してきたんですね。

この吸水ゴムを採用してからは、性能がぐんと上がりとても使いやすいスタッドレスタイヤになっていますね。

詳しい商品の特徴については、こちらの『ヨコハマのホームページ』をご覧ください。

ブリヂストンとヨコハマの比較

今や、スタッドレスタイヤの中では1・2を争うメーカーです。

上記のようにどちらもスポンジ状のゴムを採用しています。

このスポンジ状のゴムは、年数が経っても氷上や雪上の性能が落ちにくいという特徴があります。

ヨコハマが吸水ゴムを発売するまでは、このスポンジ状のゴムはブリヂストンの発泡ゴムだけでした。
(特許を持っていたので)

なので、ブリジストンのスタッドレスタイヤは、高いけど性能が良く長く使えるので安全性も経済性も優れていると言われていました。

(私も言っていました・・。)

でも、ヨコハマが同じような構造のタイヤを作ってきて性能も良くなってきているので、ブリジストンが一番とは言いにくくなってきているのも現状なのですね。

でも、価格で言うと同サイズの場合は、ブリジストンのスタッドレスタイヤの方が高い事が多いのです。

それだけ、開発費や宣伝費、製造コストをかけて制作されているので、わかる気がしますが、消費者としてはもう少し抑えてほしい物です。

ブリジストンのスタッドレスタイヤは、性能は良いが、減るのが早いと言われます。

ブリジストン自体は、減りやすさは他メーカーと同じぐらいとしていますが、それはタイヤ単体を見たときのゴムの減りやすさであって、車に着けて走行した時の減りやすさではないんですね。

なので、ブリザックはアイスガードより減りやすかったんですが、

昨年発売された、『VRX2』は先代のVRXと比べて22%向上したそうです。

実験は、実車でされたみたいなのですが、運転の仕方で大きく摩耗ライフは変わるので全て当てはまるとは言えません。

しかし、22%向上はかなり凄いと思います。

22%も減りにくくなれば、ブリジストンのスタッドレスタイヤは性能がいいが減りやすいとも言えなくなりますね。

実際に乗り比べた感想

ブリジストンのスタッドレスタイヤの ブリザックVRX2と

ヨコハマのスタッドレスタイヤ アイスガード6

を乗り比べた知人の感想としては、

正直あまり変わらない!が感想だそうです。

ブリジストンはさすがの安定感で、安心して氷上でも運転できた。

ヨコハマは、思ってた以上にブリジストンに近づいていて、殆ど差はなかったとのこと。

凍った路面でのカーブでは、ブリジストンのスタッドレスタイヤのはスムーズに曲がれたのに対して、ヨコハマのスタッドレスタイヤのは少し膨らむような感覚があったそうです。

でも、実際日常的に走行した場合であれば、気にならないレベルだそうです。

乾燥路を走った感想は

どちらも静かだけど、比べるとブリジストンのVRX2の方が静かだそうです。

これは、もしかしたらブリジストンの夏タイヤよりも静かで走りやすいかも!とも言っていました。

でも、ヨコハマも全然気になるほどではないそうです。

昔のようにスタッドレスタイヤは『ゴォ~』と音がうるさいって言うのは無くなったのかもしれませんね。

まとめ。

上記のように最近のスタッドレスタイヤはとっても良くなっているみたいです。

ブリジストンのスタッドレスタイヤの『VRX2』

ヨコハマのスタッドレスタイヤの『アイスガード6』

どちらも魅力的なタイヤではあります。

もし私が選ぶとしたら、

予算が合えば、ブリジストンのVRX2

価格の差が多き過ぎたらヨコハマのアイスガード6

ってところでしょうか。

やはり消費者としては、価格も大事ですからね。

でも、私個人の意見としては、スタッドレスタイヤはできるだけ性能の良い物を選びたいと思っています。

冬道で怖い思いもしたことありますし、凍結で滑った時の怖さも体験しています。

あれってホント焦りますよね。

そんな時は、やっぱりタイヤによって安全性が変わってくると思います。

お金を出してでも、少しでも安全なタイヤを選びたいんですね。

試乗の意見やタイヤの感想などは、あくまでも個人の意見なので参考程度にしていただけたらと思います。
どちらが良くてどちらが悪いという断定的なものではありません。

人によっては、違う印象を持ってしまう可能性もありますので、ご理解ください。

本日も最後まで読んでいただきありがとうございます。

スポンサーリンク

-スタッドレスタイヤ関連, タイヤ交換, タイヤ比較

Copyright© タイヤ専門店の元店長がおススメする、後悔しないタイヤ選びとカーライフサポート , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。