タイヤ専門店の元店長がおススメする、後悔しないタイヤ選びとカーライフサポート

お車のタイヤ交換の事からお車のメンテナンス、たまにはドライブ情報など、タイヤを中心としたカーライフをサポートします。

イエローハット オートバックス スタッドレスタイヤ関連 タイヤ屋さん事情 タイヤ比較 ブリヂストン

イエローハット専売スタッドレス『アイスフロンテージ』ってどんなタイヤ?

更新日:

今年のスタッドレスタイヤは準備できましたか?

お手持ちのスタッドレスタイヤがまだまだ現役で使えそうなら、付け替えだけで大丈夫ですが、

そろそろ交換しないといけない方や、今年新しい車に乗り換えてスタッドレスタイヤも買い替えないといけない方なんかは、

タイヤをそろそろ探さないといけませんね。

いつも決まっているお店やタイヤメーカーがある方はいいのですが、その時に決める方はどこで買おうか迷っていると思います。

そこで、気になるのがカー用品店ですね?

カー用品店で有名なのってやっぱり

・オートバックス
・イエローハット

が頭に思い浮かぶ方が多いと思います。

テレビCMでも沢山放送されているので、知名度がいいですよね。

そんなオートバックスやイエローハット等のカー用品店は、各メーカーの商品を扱っています。

スタッドレスタイヤも同様なので、ほしいメーカーがあるなら、取り寄せだって可能ですね。

でも、オリジナルのスタッドレスタイヤと言うのも存在します。

オートバックスの2018年発売オリジナルスタッドレスタイヤ
『アイスエスポルテ』
については、以前紹介させていただきました。
その時の記事についてはこちら
オートバックスの新しいスタッドレスはブリヂストン製??

本日は、イエローハットのオリジナルスタッドレスタイヤ
『アイスフロンテージ』(ice FRONTAGE)についてお話していきましょう。

スポンサーリンク

avatar

研修生

店長。
先日は、オートバックスのオリジナルスタッドレスタイヤ
『アイスエスポルテ』や
タイヤ館の専売スタッドレスタイヤ
『アイスパートナー』について教えてもらいましたけど
イエローハットにはそんなタイヤはないんですか?

avatar

店長

大手カー用品店で有名なイエローハットだね。
もちもんあるよ。
イエローハットの専売スタッドレスタイヤは
『アイスフロンテージ』という商品名だよ。

avatar

研修生

『アイスフロンテージ』いい名前ですね。
しかし、スタッドレスタイヤの名前には『アイス』が付くタイヤが多くて間違ってしまいそうですね。

avatar

店長

アイスが付くとスタッドレスタイヤってわかりやすいだろ。
夏タイヤと区別するのにアイスという名前はわかりやすく付けやすいのだろうね。

avatar

研修生

そうですね。
アイスと着くとやっぱり冬のイメージになりますね。
ところで、イエローハットの『アイスフロンテージ』はどんなタイヤなんですか?

avatar

店長

『アイスフロンテージ』は、イエローハットの専売スタッドレスタイヤになるんだ。
オートバックスの『アイスエスポルテ』と扱いは同じだね。
イエローハットはカー用品店なので、自社でタイヤを作ることができないので、タイヤメーカーに依頼してオリジナルのタイヤを作ってもらっているんだ。

avatar

研修生

いわゆるプライベートブランド(PB商品)ってやつですね。
コンビニのオリジナルのお菓子が有名ブランドのお菓子と同じなのに価格が安いのと同じですね。

avatar

店長

う、うぅ~ん。
まぁ同じようなものかな。

avatar

店長

タイヤ館の『アイスパートナー』もタイヤ館でしか売っていないものだけど、
タイヤ館はブリジストン系列のタイヤショップなのでPB商品ではなく、自社専売商品となるので、少し扱いは違うかな。
なので、『アイスパートナー』はインターネットでも普通に売られているんだね。

avatar

研修生

そうか!
全部同じような専売スタッドレスタイヤと思っていましたが、タイヤ館の『アイスパートナー』だけ少し違うんですね

アイスパートナーについては
タイヤ館だけで売っているアイスパートナーはカタログ非掲載?性能は??
の記事に詳しく書いていますので、参考にしてください。

avatar

店長

そうだね。
タイヤ館はメーカー系のタイヤ専門店だからね。

avatar

研修生

ところで、そのイエローハットの『アイスフロンテージ』っどんなタイヤなんですか??

avatar

店長

では、そのイエローハットの『アイスフロンテージ』についてお話しよう。

イエローハットの専売スタッドレスタイヤ
『アイスフロンテージ』とは。

DSC_0471


先ほどの店長と久留間くんの会話の中にもありあましたが、イエローハットの『アイスフロンテージ』はプライベートブランド(PB商品)のスタッドレスタイヤで

製造はイエローハットがしているわけではなく、海外のタイヤ工場で製造しています。

スポンサーリンク

技術提供は、トーヨータイヤ(TOYOタイヤ)が行っており品質は、国内メーカーと言うわけです。

原産国は、基本的にマレーシアです。

DSC_0472


タイヤの製造国というのは、どこの工場で製造されたかが記載されているので、国内メーカーであっても工場が海外にあれば、
工場のある場所で【made in ~】となるのです。

マレーシア産って大丈夫なの??
と思うかも知れませんが、トーヨータイヤが技術提供しているので、信頼性はトーヨータイヤと同じと言っていいでしょう。

タイヤで有名なブリヂストンの夏タイヤも、ベーシックグレードのタイヤは
【タイ】や【インドネシア】のブリヂストン工場で製造されていることもあるので、

その場合は、生産国が【made in Thailand】や
【made in Indonesia】になっています。

本質は【made in Japan】と基本的のは同じになります。

材料も製造機材も日本工場と同じ物を使っているので、違うのは従業員が現地の人というだけです。

なので、この『アイスフロンテージ』もマレーシア産って事をあまり気にすることはないでしょう。

ただ、品質や性能はトーヨータイヤと同じではありません。

価格を抑えるために、生産コストが安い海外工場で作り、ゴム質も抑えているのでタイヤの価格が安くなっています。

トーヨータイヤは元々、価格が安いのも特徴です。

そのトーヨータイヤの商品より

ゴム質を安くすると言う事は、氷上や雪上での性能は、トーヨータイヤの商品より下がる傾向にあります。

タイヤパタンは、トーヨータイヤの『ガリットG5』に似ていますが、少し違います。

この『アイスフロンテージ』は、旧商品の製造ラインを使用してというわけではなく、
トーヨータイヤが、新たに製造したタイヤパタンと言えるでしょう。

左右対称パタンで、よくある安価スタッドレスといったところでしょうか。

※画像は『アイスフロンテージ』ではなく左右対象タイヤの参考画像です。

『アイスフロンテージ』の性能は?

技術提供は、トーヨータイヤですので海外アジアンタイヤの安物よりは安心できると思いますが、国産メーカースタッドレスよりかはやはり性能は劣ってしまうようです。

実際に『アイスフロンテージ』を履いた人も感想では

スタッドレス特有の頼りない感覚がすごいみたいです。

軟らかく腰がない感じがあり、特に乾燥路面でもカーブは滑る感覚を覚えてしまうようです。

ブレーキング能力も、制動距離は長くなる傾向にあります。

※制動距離・・・ブレーキを踏んでから車が止まるまでの距離。

スタッドレスタイヤとして作られたタイヤですので、氷上や雪上ならある程度の性能を出してくれるようですが、乾燥路には弱いみたいです。

スタッドレスタイヤだからと、いつもの夏タイヤの時と運転の仕方を変えれる方は問題ないと思います。

・カーブはスピードを落とす。
・ブレーキは、手前からゆっくり。
・車間距離を長くとる。
・高速を極力走らない。

等、意識して冬の間ずっと運転できる方は履いても安心できますね。

しかし!!

運転にはあまり自信がない方や、スタッドレスタイヤとしても運転をすることができない方は、もう少し高額にはなりますが国産メーカーのスタッドレスタイヤを履いた方がいいでしょう。

雪が毎年積もる地域の方は別ですが、スタッドレスタイヤを履いている時期でも
雪や氷の上を走っている時間より、乾燥路や濡れた路面を走っている時間の方が圧倒的に長いと思います。

雪が降った時のために、念のために履くスタッドレスタイヤですが、普段の運転が不安になるもの問題がありますよね。

価格を抑えたい気持ちは、痛いほどわかりますが、そこは自分のスタイルと相談して
不安があるようなら少し性能の良いタイヤを選んだ方がいいと私は思います。

イエローハットの店員さんは『アイスフロンテージ』推しなのか?

実は、イエローハットの店員さんも『アイスフロンテージ』推しの方は少ないように感じます。

親切なのか、高いタイヤを売りたいだけなのは不明ですが、あまり自社のオリジナルスタッドレスタイヤとを評価していないみたいですね。

どんな使い方をするのか、どれぐらい車を使っているのかを聞かれて

それなら、ヨコハマやブリヂストンのスタッドレスタイヤの方がいいですよ的な回答がきます。

ヨコハマやブリヂストンのスタッドレスタイヤは、もちろんいいのはわかっていますよね。

だっていい値段しますから。

予算が合わないことを伝えると、『アイスフロンテージ』を販売すると言う

やはり客寄せ商品なのかもしれませんね。

まとめ

今回はイエローハットの専売スタッドレスタイヤについてお話しましたが、

私個人の意見としては、価格なりの性能だと思います。

ヨコハマやブリヂストンのと比べると半額以下で買えるのとっても魅力的だと思います。

スタッドレスタイヤって高いので、少しでも安くしたいのは良くわかりますが、安全面も大事かと。

運転に自信がある方は良いですが、運転に不慣れな方や、自信がない方はもう少し性能がよいスタッドレスタイヤの方が私はいいと思います。

安価スタッドレスタイヤをお探しなら私的には

①アイスパートナー2
②アイスエスポルテ
③アイスフロンテージ

の順番で予算と相談してもらうのがいいと思います。

本日も最後まで読んでいただきありがとうございます。

スポンサーリンク

-イエローハット, オートバックス, スタッドレスタイヤ関連, タイヤ屋さん事情, タイヤ比較, ブリヂストン,

Copyright© タイヤ専門店の元店長がおススメする、後悔しないタイヤ選びとカーライフサポート , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。