タイヤ専門店の元店長がおススメする、後悔しないタイヤ選びとカーライフサポート

お車のタイヤ交換の事からお車のメンテナンス、たまにはドライブ情報など、タイヤを中心としたカーライフをサポートします。

タイヤ豆知識 ランフラットタイヤ

ランフラットをノーマルタイヤに交換てきる?車検は通るのか?

投稿日:

先日から、ランフラットタイヤとは?から始まりランフラットタイヤがパンク修理出来ない訳と記事にしてきましたが、今回は標準でランフラットタイヤ装着車にノーマルタイヤを装着したらどうなるかについてお話したいと思います。

スポンサーリンク

avatar

研修生

店長ー!
ランフラットタイヤについては、だいたいわかってきました。
空気圧がゼロになってもある一定の距離を走れるが、基本的にパンク修理ができないタイヤですね。

avatar

店長

そうだね。
さっと短くまとめてるけど、そーゆーことだね。

avatar

研修生

ただ店長?
純正でランフラットタイヤが付いている車に、普通のランフラットでないタイヤを装着したらどーなるんですか?
やっぱり車検なんかも通らなくなってしまうんですか?

avatar

店長

いいや!
ランフラットタイヤ装着車に、普通のノーマルタイヤを付けても大丈夫だよ。
今のところ車検も問題なく通るね。
ただ、安全性は落ちてしまうけどね。

avatar

研修生

その場合、パンクしたらどーなりますか?

avatar

店長

ランフラットタイヤの場合は、パンクしてもタイヤがぺっちゃんこにならないので、そのまま走る事ができるけど、ランフラットタイヤでないノーマルタイヤなら、ぺっちゃんこになってしまうので、動けなくなってしまうね。
もちろんスペアタイヤもないし。

avatar

研修生

そりゃ大変ですね。
やっぱり元々ランフラットタイヤ
の車にはランフラットしかダメですね。

avatar

店長

それは、そーなんだけど、考え方を変えればね、最近の日本車もスペアタイヤ付いてないよね?
なのに、ランフラットタイヤは装着されてなくてパンク修理剤が積んであるだけ!
それって、ランフラットタイヤ装着車が、ノーマルタイヤを履いてパンク修理剤を積んだ状態と一緒じゃない?

avatar

研修生

あっ!そーですね。
言われてみたら一緒ですよね。

avatar

店長

これは、あくまでも自己判断になるけど、ランフラットタイヤ装着車は絶対ランフラットタイヤにしないといけないってこともないんだよ。
カーメーカーは安全性の事を考えて、ランフラットタイヤ以外には交換しないと思うけど、他の日本車と同じ条件になるだけなので、その辺を理解できる人なら、ランフラットタイヤからノーマルタイヤに変更してもいいんじゃないかなっ!

avatar

研修生

ランフラットタイヤを装着するのは安全でいいと思いますけど、ランフラットタイヤのデメリットである乗り心地やタイヤの値段を改善したい人は、ノーマルタイヤに変更してもいいかもしれませんね。

avatar

店長

そうだね。
あくまでも自己責任だけど、ランフラットタイヤからノーマルタイヤに変更した場合のメリットとデメリットについて解説するね。

ランフラットタイヤをノーマルタイヤに変更できる?

タイヤの規格は、もちろんノーマルタイヤと同じですし、ランフラットタイヤ対応のホイールにはノーマルタイヤを組み込みできるので、ランフラットタイヤからノーマルタイヤに変更しても問題なく装着でき走行できます。
ランフラットタイヤ装着車には、空気圧センサーが標準で付いていますが、この機能も今まで通り使えます。
現在ランフラットタイヤが装着されているお車に乗っている方がタイヤ交換を検討する場合は、次もランフラットタイヤを履くのかノーマルタイヤを履くのかを選択することができます。

スポンサーリンク

ただ、基本的にカーディーラーではランフラットタイヤへの交換しかしてくれないと思います。
(対応してくれるスタッフによりますが)
カーディーラーさんは、標準で装着されているもの以外を付けるのがあまり好きでなない場合が多いのです。
カーディーラーが対応できない場合は、タイヤ専門店に相談すると親身になって答えてくれると思いますよ。
ただ、タイヤ屋さんも高額なタイヤを販売したいのが本音。
その辺の営業トークに惑わされないように話を聞きましょうね。

ランフラットタイヤからノーマルタイヤに変更するときのメリット。

・ランフラットタイヤは、乗り心地が悪いと思う人が多くいます。
そりゃそうですね。
タイヤがへしゃげないようにサイド部分を強化してしているので、クッション性が悪くなって当然です。
初めてランフラットタイヤ装着車に乗った人は、乗り心地の硬さにビックリされる方が多いかと思います。
ノーマルタイヤにも乗り心地がよいものもあれば、そうでない物もあります。
しかし、ランフラットタイヤより悪いものはほぼないでしょう。
ランフラットからノーマルタイヤに交換すれば、乗り心地は良くなることが多いでしょう。

・タイヤの価格もランフラットタイヤはノーマルタイヤより高くなることが殆どです。
あまり安価すぎるタイヤもどうかと思いますが、ノーマルタイヤには乗り心地を優先したタイヤや、スポーツ性能を重視したタイヤ等沢山の中から選ぶことができるのであなたのスタイルに合わせてタイヤを選ぶことができます。
乗り心地のよいタイヤを選べば、より快適性能が上がりますね。

・もし、パンク等でタイヤを交換しないといけなくなったら、ランフラットタイヤの場合は、ほぼ取り寄せで数日かかります。
ノーマルタイヤなら、よほど変わったサイズでない限りショップにて即買い&即取り付けができる事が多いのです。

・ランフラットタイヤは、タイヤメーカーに認められたショップしか交換することができません。
なので、どこでも交換できるわけではないのでノーマルタイヤを履いているとお店を探すのが楽ですね。

このようにランフラットタイヤからノーマルタイヤに変更した場合メリットは沢山あります。

ランフラットタイヤからノーマルタイヤに変更するときのデメリット。

・ランフラットタイヤの本来の目的であるランフラット走行ができなくなる。
ランフラット走行とは、空気圧が少ないままで走り続ける事を言いますが、それができなくなるのでタイヤがパンクした時は走行ができずパンク修理剤を別途用意しておくか、ロードサービスを呼んでレッカーしてもらう必要があります。

・ランフラットタイヤはサイド部分が強化されているので、車がカーブで遠心力が働いた時にしっかり踏ん張っていましたが、ノーマルタイヤはサイド部分が柔らかいのでカーブの時にタイヤがよれやすくなり、運転の仕方によってはタイヤのショルダー部分が早く摩耗してしまう場合があります。

・今までサイド部分が固いタイヤに慣れているので、ノーマルタイヤを履くと頼りなく感じる方もおられます。
しっかり感はランフラットタイヤの方が良いと言えるでしょう。

このようにランフラットタイヤからノーマルタイヤに変更したらデメリットもあります。
どちらが、あなたにとってメリットがあるのかを考えてタイヤの選択をしてください。

ランフラットタイヤをノーマルタイヤの変更したら車検に通るのか。

現在の規定では、ランフラットタイヤに関する法律はありません。
なので、ランフラットタイヤをノーマルタイヤの変更しても、なんの届け出も必要ありませんし車検もそのまま通すことができます。
もちろん、ランフラットタイヤであってもノーマルタイヤであっても、規定の残溝より減ってしまってたら車検に通らないので注意してくださいね。

車検には関係ありませんが、ランフラットタイヤをノーマルタイヤに変更した場合は、パンク修理剤を積んでおくことをおススメします。
ノーマルタイヤに変更しても、タイヤの空気圧が減ったことを知らしてくれる空気圧センサー(TPMS)は通常通り作動しているので、警告灯が付けばよりシビヤに点検しパンクしている時はすぐに対処するようにしましょう。

いかがでしたか?
ランフラットタイヤからノーマルタイヤの変更するにはメリットもデメリットも存在します。
カーディーラーは、変更を推奨していないのでもし変更するときは自己判断になります。
是非、あなたのカーライフに合った選択をしてくださいね。

ではまた。

スポンサーリンク

-タイヤ豆知識, ランフラットタイヤ

Copyright© タイヤ専門店の元店長がおススメする、後悔しないタイヤ選びとカーライフサポート , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。