タイヤ専門店の元店長がおススメする、後悔しないタイヤ選びとカーライフサポート

お車のタイヤ交換の事からお車のメンテナンス、たまにはドライブ情報など、タイヤを中心としたカーライフをサポートします。

スタッドレスタイヤ関連 車検 道路交通法

スタッドレスでも車検に通るの?状態によったら通らない場合も。

投稿日:

ほんと毎日寒い日が続いていますね。

各地で雪も降り初めて冬本番って感じになってきました。

と言う事は、みなさんもうスタッドレスタイヤには交換されましたよね。

昨年と同じタイヤを今年も使えた人もいるでしょう。

今年、新しいスタッドレスタイヤに買い替えた人もいるでしょう。

今年車を買い替えらので、その車用にスタッドレスタイヤを購入した人もいるでしょう。

では、この時期に車検がある方は、スタッドレスタイヤのまま出しても通るものなのでしょうか?

スタッドレスタイヤには、冬タイヤとしての使用限度の『プラットホーム』と

タイヤとしての使用限度の『スリップサイン』があります。

スタッドレスでの車検の規定はどっちなのでしょうか?

本日は、スタッドレスと車検についてお話しますね。

スポンサーリンク

avatar

研修生

店長?!
スタッドレスタイヤを付けたままでも、車検って通りましたよね?

avatar

店長

タイヤによったら通るし、タイヤによったら通らないよね。

avatar

研修生

えぇ??
スタッドレスタイヤの場合は、タイヤによって車検に通らないって事ですか?

avatar

店長

違う違う!
言い方が悪かったね。
タイヤの状態によったら通らない場合もあるって事!

avatar

研修生

あぁ~、そーゆーことでしたか。
・・・
・・・
で、どんな状態なら通らないんですか?

avatar

店長

わからんのか~い!!
それじゃ今日は、スタッドレスタイヤで車検に通すポイントについてお話するね。

スタッドレスにある2つのサインの意味とは。

スタッドレスタイヤには、使用限度を示すサインが2種類あります。

それが

『プラットホーム』と『スリップサイン』です。

まずは、『プラットホーム』ですが

これは以前に記事にしました
スタッドレスの寿命は夏タイヤより短い?使用限度と賢い使い方』にかいてありますが、

スタッドレスタイヤとして使える限界のサインになります。

このプラットホームが地面に接地すると、スタッドレスタイヤとしての効果はなくなり、チェーン規制などでも、スタッドレスタイヤとは認められず、高速道路を下ろされてしまいます。

このプラットホームは、新品時の溝の約半分とされていて、だいたい溝がゼロの状態から、4~5ミリぐらいの所にあります。

スポンサーリンク

ということは、実際スタッドレスタイヤとして使える溝の深さは、夏タイヤより少ないと言えますね。

なので、元々の溝はスタッドレスタイヤの方が深くきってありますが、寿命はスタッドレスタイヤの方が短いということになります。

そしてもうひとつのサインが
『スリップサイン』です。

こちらも、以前記事にしました
夏タイヤの使用限度と交換時期とは?減ったタイヤは危険!』にも詳しく書いていますが、

タイヤとして使える限界のサインという事になります。

スリップサインが出てしまうと、タイヤとして使えなくなります。

これは、スタッドレスタイヤもラジアルタイヤなので、夏タイヤと条件は同じです。

スリップサインを越えたタイヤは、タイヤとして使えなくなります。
(他にも使えませんが・・)

なので、スリップサインが地面に接地しているタイヤでは、車検にも通りません。

これは、夏タイヤでもスタッドレスタイヤでも、同じなので、スリップサインが出たタイヤは、車検には通りません。

スリップサインは、どこのメーカーのタイヤでも残溝1.6mmで露出するようになっています。

よく、スリップサインが出たらタイヤを交換すると言っている人がいますが、

スリップサインが出てからでは、少し遅いですね。

スリップサインが出てしまったら、その時点で整備不良になります。

そうなる前に交換する方がいいでしょう。

そもそもスリップサインが、出そうになっていると言う事は、残溝が1.6mmに近いと言う事ですね。

その状態なら、雨の日は特に滑りやすくなっているので、危険です。

安全性を考えると、もう少し早い交換をしている方がいいでしょう。

ちなみに、一番交換がするタイミングで多いのは、残溝3mm前後らしいですよ。

スタッドレスで車検

結論から言うと、スタッドレスタイヤでも、スリップサインが残っていたらそのまま車検には通ります。

それがプラットホームを越えていても関係ありません。

スリップサインが残っていたら大丈夫です。

時期も関係ありません。

稀に、夏場の車検でもスタッドレスタイヤを履いて通している人もいます。

夏タイヤの溝が無いからなのか、はたまたスタッドレスタイヤを履き潰しているかはわかりませんが。

なので、時期も関係なく溝さえ残っていたら、古くなったスタッドレスだろうが車検は通るのです。

まとめ。

車検には夏タイヤもスタッドレスタイヤも関係無いってことですね。

溝さえ残っていれば、通るんです。

いくら古くひび割れがひどくても。

車検は安全の為に受けるものなんですが、規定の為に受けている気がして、なりませんね。

avatar

店長

本日も最後まで読んでいただきありがとうございます。

スポンサーリンク

-スタッドレスタイヤ関連, , 車検, 道路交通法

Copyright© タイヤ専門店の元店長がおススメする、後悔しないタイヤ選びとカーライフサポート , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。