タイヤ専門店の元店長がおススメする、後悔しないタイヤ選びとカーライフサポート

お車のタイヤ交換の事からお車のメンテナンス、たまにはドライブ情報など、タイヤを中心としたカーライフをサポートします。

スタッドレスタイヤ関連 タイヤ交換 タイヤ豆知識

スタッドレスから夏タイヤに履き替える時期の目安とは?

投稿日:

みなさんこんにちは。

季節はすっかり春になってきましたね。

日中は上着要らずな気候になってきて、とっても過ごしやすい気温です。

しかし、朝晩はまだ寒い日もあり、暖房がしまうにしまえません。

もう少し必要かもしれませんね。

車のタイヤはまだスタッドレスタイヤですか??

私は、もう夏タイヤに履き替えましたよ。

新しいタイヤに交換したんで早く履き替えて、乗ってみたかったんです。

その感想は、また次回に書きますね。

本日は、私が店長時代によく聞かれていた質問の解説をしたいと思います。

『スタッドレスから夏タイヤにはいつぐらいに戻したらいいですか?』

この質問よく聞かれました。

そうですよね。

スタッドレスタイヤは、雪が降っても・路面が凍結してもいいように履くので、寒くなればみなさん思い出したかのように履き替えますよね??

それじゃ、どんどん暖かくなるこの季節、そのタイミングで夏タイヤに戻す方がいいのでしょう??

本日は、この疑問に答えて行きましょう。

スポンサーリンク

avatar

研修生

店長!!
もうスタッドレスから夏タイヤに戻しました??

avatar

店長

うん、もう戻したよ。
夏タイヤを新しくしたから、早く履いてみたくてね。

avatar

研修生

夏タイヤ新しくされたんですね。
今回はどこのタイヤにしたんですか??

avatar

店長

今回は、ミシュランにしてみたよ。

avatar

研修生

また、店長にしたら意外なメーカーを選びましたね。

avatar

店長

そうなんだよ。
ミシュランを自家用車で履くのは初めてだったんで早く走ってみたくてね。
感想は、また今度言うね。
で、今日はどうしたの??

avatar

研修生

そうそう、僕もそろそろ夏タイヤに履き替えしようかと思うんですが、
いつぐらいがいいタイミングかわからなくて、そうしようか考えていたんです。
店長は、履き替えるタイミングの目安ってどのように決めていますか??

avatar

店長

そうだね、
夏タイヤに履き替えるタイミングって人それぞれだと思うんだけど、
大まかな目安はあるかな。

avatar

研修生

と言うと??

avatar

店長

少し長くなりそうだから、まとめてみるね。

スタッドレスタイヤと夏タイヤの使い分け。


みなさんのイメージで、スタッドレスタイヤは雪の上を走るタイヤで、

スポンサーリンク

夏タイヤは、雪以外の道を走るタイヤと思っていませんか??

それは、間違いではないんですが、少し違う考え方もできるんですね。

スタッドレスタイヤも夏タイヤも、もちろんゴムで出来ています。

ゴムは、基本的に温度が下がると硬くなり

温度が上がると柔らかくなる性質があります。

もちろんいろいろなゴムがあるので、必ずしもそうなるって事でもないかもしれませんが、

タイヤの場合はそうなるケースが多いのです。

ゴムが硬くなると、摩擦抵抗が小さくなり地面を引っかく能力(グリップ力)が下がってしまいます。

逆に、ゴムが柔らかいと、摩擦抵抗が大きくなりグリップ力が上がります。

でも、ただ柔らかくしただけでは、摩耗性能が悪くなりあまりよくありません。

すぐ減ってしまうってことですね。

ですので各タイヤメーカーは、技術を進化させて商品開発をしているのです。

スタッドレスタイヤって、夏タイヤと比べても柔らかいゴムを使っていますよね??

と言う事は、冷たい路面ではスタッドレスタイヤの方が向いいるとも言えます。

ただ、雪を引っかく構造をしているので、元々夏タイヤと比べるとグリップ力は弱い傾向にありますが、

やはり冬の為に開発されてタイヤだけあるので、

冷たい路面では、スタッドレスタイヤの方が走行に向いていると言えます。

夏タイヤとスタッドレスタイヤの境目とは。

先ほどのように路面温度が下がればスタッドレスタイヤの方がいいと言いましたが、

では、どのくらい温度が下がればスタッドレスタイヤにし、

どのくらいの温度になれば夏タイヤのするのがいいのでしょうか??

そのポイントは、

最低気温7度と言われています。

それは、夏タイヤの性能を発揮できるのが下限7度と言われています。

基本的には、夏タイヤと言うだけあって、温度が高い時に使うタイヤですね。

技術の進化とともにタイヤも良くなってきていますが、

やはり夏タイヤは路面温度が下がり過ぎると、性能が落ちてしまうのです。

それが 7度と言われています。

7度を下回ると、ゴムが硬くなり地面を引っかく能力(グリップ力)が弱くなり

ブレーキの効きが悪くなってしまうのです。

それに比べてスタッドレスタイヤは、ご存知の通り雪や凍結路も走れるタイヤです。

7度以下でも十分に性能を発揮してくれますよね。

スタッドレスタイヤは、元々柔らかいゴムを使っているので、

7度を下回っても性能の低下が少なく、冬に適したタイヤと言うわけです。

地域によっては、1年に1度ぐらいしか雪が積もらない。

雪が降っても積もらないので、スタッドレスタイヤは必要ないと思っている方もおられるかもしれませんが、

雪が降らなくても、最低気温が7度を下回る日が多いようなら、スタッドレスタイヤに履き替えている方が安全かもしれませんね。

まとめ。

スタッドレスタイヤから、夏タイヤに交換する時期は、

最低気温が7度以上になった頃で

夏タイヤから、スタッドレスタイヤに交換する時期は、

最低気温が7度以下の日が多くなってきた頃が

最適と言えるでしょう。

ただ、一度最低気温が7度以上になったとしても

また気温が下がる事も十分あるので、もう気温が下がらない時期になってからでもいいと思います。

avatar

店長

本日も最後まで読んでいただきありがとうございます。

スポンサーリンク

-スタッドレスタイヤ関連, タイヤ交換, タイヤ豆知識

Copyright© タイヤ専門店の元店長がおススメする、後悔しないタイヤ選びとカーライフサポート , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。